FLOW

制作の流れ

各印刷工程
  • 企画・制作・デザイン

    商品のコンセプト・ターゲット層、お客様が想定されているイメージをもとに材質や印刷方法、表面加工などを決定しデザイン制作を行います。

  • 製版

    色調等、最終調整された印刷データを、CTP製版機にて精度の高い刷版を制作します。原稿との照合を行う検版作業を行い、汚れやキズ、修正内容等の確認を行います。

  • 印刷

    用途・仕様に応じて、オフセット印刷、オフセットUV印刷の異なった印刷方式を用いています。UV印刷機は、印刷後にUV(紫外線)を照射することで専用インキを乾燥させ、乾燥不備による後工程での問題を解消します。

  • 表面加工/ホットスタンプ

    デザインをより効果的に表現するために表面加工があります。一般的な光沢・マット調以外にも浮出し、型押し等があります。さらにメタリック感が出せる蒸着箔や顔料箔によるホットスタンプで趣向を凝らすことができます。

  • トムソン

    印刷したパッケージ用の厚紙を、展開図の形に打ち抜く工程です。この加工では、パッケージを立体的な形状に組み立てる際、きれいに折り曲がるように罫線を入れた木型を用いて行います。木型をセット後は、紙の微妙な変化に対応する技術を伴った微調整が不可欠です。まさに、パッケージ制作の要といえる工程です。

  • サックマシン

    最終工程がサックマシンによる、糊貼り・製函工程です。厚紙に印刷しトムソン加工後にサックマシンに通すことで箱の形となるように、罫線で折り、糊貼りを行います。表面のキズ・糊貼りの不良などを防ぐために、ここでもトムソンと同様に微妙な調整を行います。非常に難度の高い工程です。

  • 品質管理・納品

    化粧品等の高い品質が求められるパッケージに関しては、複数のベテランスタッフが目視によるピンホール、汚れ、カスレ、キズ等の不適合について検査を行っています。基準に満たない製品を除去し、適合品のみをご提供します。

お問い合わせはこちら

CONTACT

お電話・FAXでの
お問い合わせ

TEL06-6972-7781

FAX06-6981-0553

受付時間:9:00~18:00 (月~金曜日)

メールでのお問い合わせ